競売物件にまつわる怖い話

なぜ競売物件になったかわからない物件だから、怖いんです

住宅ローンのパンフレット

家の購入をしようと思ったら、数千万円ものお金が必要です。
現金で購入するのはかなり難しいですから、多くの家庭で住宅ローンを組むことになりますが、最初から銀行に行くのは何となく勇気がいると感じてしまう事も少なくありません。
その時には、まずパンフレットを見てみましょう。
各銀行で資料請求ができるようにしてある場合もあれば、インターネット上で見る事ができるようにしてあるので、大まかでもいいのでどんなものなのかチェックしてみましょう。
住宅ローンと言っても、利用する銀行によって金利も違えば、細かな条件も違います。
ざっと見ていっても変動や固定といろんな単語が書いてありますので、理解するのにも一苦労ではないでしょうか。
自分が普段利用している銀行のパンフレットを見るのもいいですし、他の人が利用して気になっている銀行があればそちらも見ておきましょう。
パンフレットを見比べてもっと話を聞いてみたいと思ったら、住宅ローンの相談会なども随時行われていますから、出かけて相談しましょう。
パンフレットを見る時には分からなかったところにチェックを入れてどんどん聞いて下さい。
大きな金額の話になりますから、後悔のない使い方ができるように納得できるまで利用する住宅ローンは吟味しましょう。

住宅ローンを組むと税額控除を受けることが出来る!

家やマンションなどの購入や増築の為住宅ローンを組むと、ある一定の条件を満たすことで所得税や住民税などの税額控除を受けることが可能です。
そのことを住宅借入金等特別控除といい、住宅ローンの支払いを少しでも手助けする事が目的の制度で、一般的には住宅ローン控除とも呼ばれています。
ではどのような条件を満たせば税額控除を受けることが出来るのかというと、住居引き渡し後6カ月以内に自らが住むこと・床面積が50平方メートル以上あること・ローン期間が10年以上・年収が3000万円以内などがあります。
この条件を満たすことで、控除を受けることが出来ます。
控除期間は10年で、申請方法は2月中旬~3月中旬にある確定申告を行うことで税額控除を受けることが出来ます。
ただ会社勤めの人は1年目のみ確定申告が必要で、2年目からは年末調整で申告を行うことが可能です。
確定申告は税務署で行えますが、この期間は大変混雑する為書類が一式きちんとそろっていることが確認できれば、必要書類に記載の上郵送することも出来ます。
また国税庁のホームページにアクセスすることで、インターネットからでも確定申告を行えます。
申請を行うだけで税額控除を10年間受けることが出来るので、忘れないように申告することをお勧めします。

住宅ローンは平均値を知っておくと良いです

住宅ローンは、どの程度が平均であるのか、というのは知っておくと良いでしょう。
大凡ではありますが、平均して、年収の5倍程度がよいとされています。
これをよく知っておくべきであり、一つの指標であるわけです。
あくまで平均ではありますが、これは大事な考え方になります。
住宅ローンと言うのは、さすがに物凄く負担がある借金です。
借金の質としては、悪いわけではないですが、それでも十分に検討した上で決める必要があります。
特に金融機関の住宅ローン相談会などに参加することがお勧めできます。
そこでゆっくりと相談をするとよいでしょう。
専門的な知識がある人が配置されています。
ファイナンシャルプランナーなどが細かい話をしてくれるようになります。
どうしても個人によって違ってくる要素があります。
ですから、参加するのは良いですが、こちらの情報もしっかりと提供するのが重要です。
ある程度はまとめておくことが求められますから、年収、職業、家族構成、資産状況などを紙にまとめておくとよいです。
そうすれば、話がスムーズに進むようになりますから、手っ取り早いです。
平均的なこととして、というのは重要な指標となります。
平均に合わせる必要はないですが、指針としてはよいです。

住宅ローンの預金連動に関すること

住宅ローンというのは、色々と条件がついていることがあります。
その一つに預金連動があります。
これによって多少ではありますが金利が変動するようになります。
預金額によって、連動するので預金連動といいます。
当たり前ですが、住宅ローンと言うのは、金融機関にとってはかなりリスクがある行為です。
その為、少しでも預金がある人に貸したいと考えるのは当たり前であるといえます。
預金連動のシステム自体はそんなに珍しい方法ではないです。
また、預金といってもこの場合は定期預金であることが多いです。
その方が安定しているからです。
住宅ローンは金融機関にとってもとても重要な金融サービスの一つになります。
長く貸し付けることができるのはリスキーでもありますが、魅力的でもあるからです。
金利を下げることは、リスクを高めるのに繋がりますがそれを預金という形でリスクヘッジしている形になります。
利用する側としては、少しでも金利が安くなる可能性があり、それが実行できるならばやるべきであるといえます。
住宅ローンは極めて長い期間の借り入れであり、また、返済計画も綿密である必要があります。
そうすればとても安心して返済ができるようになります。

住宅ローンふたつの優遇金利とは

各金融機関が取り扱っている住宅ローン、ローン内容としてさまざまなサービス内容やお得な金利を謳っています。
利用する購入者側からすると大きな金額ですので、少しでもお得感のあるサービスや金利を選ぶ必要があります。
住宅ローンの支払う金利の面で購入者に有益な働きがあるのが優遇金利です。
これは一定の諸条件を満たすと適応される金利のことを指し、諸条件としては給与振込口座を作るなど各金融機関によって異なります。
優遇金利には、当初期間タイプのものと全期間タイプのものがあり、当初期間タイプは返済期間の一定期間金利が優遇される設定となります。
全期間タイプは完済時まで金利一律の優遇対応となります。
前者は、全期間タイプと比較して全体の金利負担は大きくなりますが、開始時の負担軽減ができるため、返済期間初期の家計の出費などが抑えられる働きがあります。
一方の全期間タイプは期間を通して金利が一律の為、計画的なローン設定ができるという面があります。
このように住宅ローンには、ふたつの優遇金利がありますがどちらか一方が特別に有利という事ではありません。
ご自身の収入やご家族のライフスタイルに合わせて選択することが良いといえます。

住宅ローン控除を受ける為に行う確定申告の基本情報について!

マイホームを購入する為に利用する住宅ローン、ある一定の条件を満たすと確定申告を行うことで、所得税や住民税が返ってくる住宅ローン控除を受けることが出来ます。
確定申告の時期は、毎年2月の中旬から3月の中旬までの約1か月間と決まっています。
その為その時期を逃してしまうともう確定申告を行うことが出来ない為、必ず行うようにしましょう。
必要な書類ですが、確定申告書・源泉徴収票・住民票の写し・金融機関などから送られてくる借入金残高証明書・土地や建物の登記簿謄本・売買契約書又は建築請負契約書などがあります。
物によっては役場や法務局などから入手しなければいけない物もある為、早めに準備するようにするとスムーズです。
確定申告は税務署で手続きを行うことが出来ますが、期間が1カ月しかない為この時期は非常に混み合います。
その為書類がしっかり整っているのであれば、必要事項を記入の上郵送してもいいですし、国税庁のホームページからインターネットで行うことも出来ます。
また会社員であれば2年目からは、年末調整の時に必要書類を提出すれば住宅ローン控除を受けることが可能です。
住宅ローン控除は10年間受けることが出来る為、10年間は申請忘れがないようにしましょう。

住宅ローンにかかる諸費用とは

住宅ローンを利用するとローンの返済費用のほかに諸費用がかかります。
意外に大きな金額になりますし、現金ですぐに支払うことを求められる場合が多いので、あらかじめ用意しておきましょう。
まず、住宅ローンの契約にあたっては消費貸借契約書を金融機関と交わさなければいけませんが、この契約書には印紙を貼付します。
印紙代は借入金額が500万円超、1,000万円以下の場合は10,000円、1,000万円超、5,000万円以下の場合は20,000円となっています。
なお、マンションや一戸建てを購入する際の売買契約書などにも印紙代が必要となります。
新築を建てる場合は工事請負契約書にも印紙代が求められます。
これらの印紙代を合わせるとちょっとした金額になってしまうので注意しましょう。
また、住宅ローンを契約するときは抵当権設定登記費用も必ずかかります。
費用は基本的に借入金額の0.4パーセントですが一定の条件がそろうと特例が適用され0.1パーセントになります。
さらに、抵当権設定登記は手続が複雑なので司法書士に依頼する場合がほとんどです。
司法書士にもよりますが3万円から10万円ほど報酬を支払う必要があります。
この他に金融機関によっては融資事務手数料や団体信用生命保険料がかかります。

マンション売却で起こり得る差額とは

マンション売却は方法によって差額が発生する可能性があります。
その差額とは当然ながら、どこで売るのか、どんな形で売るのか、と言う点にあります。
例えば、ローンが返済できなくなり、どうしてもマンション売却をしないといけない状況になる場合があります。
具体的には、差押さえされる時です。
これは競売にかけられることになりますが、物凄く安くなります。
ですから、必ず避けたほうが良いことになります。
もう一つとしては、任意売却をする方法です。
これはローンが返済できないのは同じですが、金融機関側の許可を取って、通常の不動産市場で売る方法です。
それならば、多少は高く売れるようになります。
多い時では差額として三割近くになる時もあります。
それだけマンション売却も方法によって、違いが出てくるわけです。
マンションというのは、持っているだけでも費用がかかるわけですから、不要になった時に売ることもあります。
これ自体は珍しいことではないです。
この時に起こり得る売却の差額ですが、それは仲介業者によって違うことになります。
それはよく理解しておくべきですし、少しでも高く売ってくれる所を見つけるべきです。
マンションは良い資産ですから、活用するべきです。

住宅ローンのデフォルト率

住宅ローンというと多くの方が利用しているイメージがありますが、当然ながら返済不能になってしまうケースがあって、一定のデフォルト率が発生するようになっております。
現代の日本における住宅ローンのデフォルト率に関しては、0.3%前後にとどまるようになっておりますが、必ずしもゼロではないということに注意をしなければならないのです。
特に頭金となる自己資金が十分に用意できないというケースにおいては、住宅ローンのデフォルト率が上がってくる傾向になっているようなので、住宅などの不動産をローンを組んで購入する際には、借入金額自体を少なくするように努力することが大切になってくるのです。
国内で新築マンションや新築住宅を購入する際には、非常に多くの方がローンを組むということを行っておりますが、その際に多額の債務を抱えるようなプランを立ててしまいますと、返済不能ということになってしまって結果的に手放さないといけないという状態に陥ってしまいますので、できるだけ初期段階で支払いができる項目に関してはすべて支払いを終えてしまうというのが賢い方法であると考えられます。
デフォルトを発生させると、今後の人生に大きな影響を与えますので注意すべき点であると考えられます。

マンション売却の際の注意点

マンション売却にあたっては注意しなければいけない点がいくつかあります。
まず、管理費を滞納している場合は滞納分をきちんと管理組合に納めてからマンション売却しましょう。
滞納したまま売却すると買い手がその分を支払わなければなりません。
滞納分の金額を売却価格から差し引くということも考えられますがおすすめできません。
1人管理費を滞納しているようなマンションは他にも滞納者がいるのではないかと疑われます。
滞納者が何人もいると管理費が足りないのでマンションの管理が十分に行われない恐れがあります。
管理状態が悪いマンションを欲しいと思う人はいません。
また、マンション売却にあたって不利な事情を隠して売却すると後日買い手とトラブルになる可能性があります。
例えば隣の家に犬がいて1日じゅう吠えているといったような事情です。
上の階でピアノを1日何時間も弾いていて音が響くという場合も黙っていると問題になります。
不利な事情があるときは正直に申告しましょう。
売却するときは室内をきれいにしたほうが有利です。
壁紙など自分で補修できるところは治してしまいましょう。
室内の汚れが目立つときはハウスクリーニングを頼んだほうが良いかもしれません。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén